Let's Enjoy チャリンコライフ! TEAM B.C.porter/重力技研 SJのブログ


by speedstar_sj
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウイングレポ番外編

白鳥ムービーは現在作成中です。しばしお待ちください。
決して予告だけして、アクセス数増やそうなんていうつもりはないですよ。(笑)

さて映像編集をやってると同じシーンを何度も見直すので、色んな事に気付くですよ。
乗り方だったり、バイクの動きだったり、ラインだったり。




体力が有り余ってる(?)ヤング勢はみんな乗り方も元気だよね。恐れを知らないというか、勢いがあるというか。感覚的にタイヤのグリップポイントを知ってるんでしょうね。当たり前のようにカッティしてくし、バイクのキレが半端ない。若さのおかげなのか?とにかく成長っぷりもすごい。
もう少し丁寧に乗ればいいのに、と思ったりもするわけだがそれじゃツマラナイよね。
ヤングパワーでガツガツ行ってくれ!ただノープロテクターはどうかと思うぞ。怪我してからじゃ遅いぞ。とオヤジコメントを残してみる。

一方ベテラン(?)勢はやっぱりうまいなぁと思う。見た目は安定してるから速く見えないんだけど速い。
走りにムラが無いというか無駄が無い。バイクのセッティングスキルも高いのかバイクの安定感も高い。
その辺はやっぱり一日の長で、若手が見習うべきところなんだろうね。

若いうちはモノに頼るな!という根性論も大事だと思うけど、機材スポーツな以上、上(世界)を目指すには心・技・体+機材の4つが揃わないとダメだと思う。
感覚的なものも大事だけど、モノの構造を理解してきちんとセットアップできる能力も付けて欲しいですね。勉強しろ勉強!!あっ、またオヤジ臭くなった(笑)


バイクの動きも人によって全然ちゃうね。
気になったバイクは、小山君のトランジション、井出川君のEVIL、青木君の新型GLORYの3台。
基本どれも良さげなんだけど、それぞれ特性が違うように見えて乗り比べしてみたいと思った。以下は外から見た限りでの感想。実際乗ったわけじゃないから違うかもしれないけどね。
小山号はBOS効果なのか、路面とタイヤが常に接地してる感じ。大勢いるトラ軍団の中でも一番仕上がってるように見えた。 前に進むというよりも、凹凸に引っかからず失速しないのと、タイヤの接地時間が長いからコーナリングが安定してるのがタイムにつながってるのかと。

井出川号は全日本の時よりもリアが良く動いてるように見えた。 で、安定感があってバタつかないのに加えて、どんどん前に進んでいくように見えた。

青木号は気になってる人も多いんじゃないかな?ライダーの乗り方かもしれないけど、軽快な印象。 リアタイヤが若干落ち着きがないようにも見えたけど、ウサギのようにピョンピョン走っていくように感じた。
ちなみにTREKのSESSIONも同じような感じ。軽快系バイクとみた!


そして我がDABOMBですが、コレがまた調子いいですのよ。
ちょこちょこしたセクションですごく前に進むですのよ。練習中色んな人と走ったんですが、漕いで無いのについていけるんだな。直線はもとよりコーナリングの立ち上がりでもピューっと進むので体力的に楽チンです。


他にも色々と感じたことがありますが、その辺はまた今度(小出しかいっ!


写真いただきました♪
special thanks くまちゃん!
f0140307_20585197.jpg

f0140307_2059182.jpg

f0140307_20591090.jpg

f0140307_20591845.jpg

f0140307_20592879.jpg


俺、上体低っ!!
[PR]
by speedstar_sj | 2009-09-30 20:55 | レースレポート