Let's Enjoy チャリンコライフ! TEAM B.C.porter/重力技研 SJのブログ


by speedstar_sj
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

J2富士見の決勝ムービーだよ。

昨日に続き、J2富士見ネタ。
今日のムービーはエリート男子決勝、コース中盤のゴンドラ下に出る前のS字セクション。






映像を見てもらうと、コンディションが刻々と変化してるのがわかると思います。




青柳選手(予選:25位⇒予選ゴール直前で結構激しく転倒。怪我無くてよかったね。決勝:1位!)の時はまだ雨も降ってなく比較的明るい。
それにしてもやっぱり上手いね!とても復帰初戦とは思えないよ。


オイラ(予選13位)の出走の頃は、雨こそまだほとんど降ってないけど・・・真っ暗すぎでなにも見えず。
昨日も書いたけど、この時点で既に安パイ走り。転倒を恐れてだいぶ手前から足が出ちゃってます。。ダサッ!!


その後、飯田選手(予選:11位 決勝:2位)あたりから少し明るくなるも、逆に雨がポツポツ。そして塚本選手(予選:10位 決勝:3位)あたりから雨が激しくなってきてます。
もうこの後の選手からは、コースは完全なウェット状態でつるつる状態に。。。


ウエットになったとは言え、その辺はさすがトップエリート達。
こんな状態にも関わらず、バイクをうまくコントロールしてまるで何事も無かったかのように駆け抜けていきます。

特にジュンヤ君。なんなんだチミは?
カメラの後ろで誰かが「ドライでもあんな走りできねーよ!」って言ってますが、おいらも同感。
あのコンディションで4位に入るってどんだけぇ?(笑)


そして、走りながら冷静にコメントしてた柴ちゃん
コメントの通り、「駄目でしょもうっ」だと思いますです。はい。
なんて言いつつきっちり7位に入るあたりはさすがですね。


安達選手は一番アグレッシブ!あのロデオ状態でクリアしていくのは圧巻ですね!!
やっぱこの辺が実力の差なんでしょうね。悪条件でも積極的にバイクコントロールして、ギリギリのところで走る。

オイラだとすぐにギリギリを越えて、スッテンコロリンしてるでしょう。

しばらくコケれないオイラにとっては、ウェットはできる限り避けたかったから、そういった意味ではとても助かったレースでした。



予選の時知り合いと、「最近のWCみたいに雨で条件が変わるから予選はのんびりでいいかも
ね」なんて話してましたが、まさにその通りになった訳です。
とはいえ、運も実力のうち。それがレースだし、そんな調整じみた事してもつまらないし、大体みんなそんな事狙って走ってないでしょう。


それにしても29秒台に4人、30秒台に5人と、約1秒以内に9人という大接戦。
正直リザルト見ちゃうと、もう少し攻めとけば・・・って後悔の念がなくもありません。が、そこはポジティブに考えましょう。
怪我無くて、そこそこの成績でよかったと・・・



「でっでもっ、オレん時が一番真っ暗でコンディション悪かったんじゃね???」という言い訳は胸にしまっておきます。(あっ書いちゃった!?)



そんなこんななJ2富士見の模様でした。

そうそう今回撮影してくれた、1カメ⇒ポンさま、2カメ⇒きなを(嫁)さま、あの雨の中の応援&撮影本当にありがとう。
おかげでいいもん見れましたよ!

そして今回もXACTIが大活躍!あんなスコールの中でも、おいらのドリフト砂埃も気にせず撮影できたようです。
(注:ドリフトは狙ってました。最初からあのラインで行こうと思ってたんだけど、まさかあんなところにいるとは(笑)。すみまちぇん。)
[PR]
by speedstar_sj | 2007-09-25 21:39 | レースレポート