Let's Enjoy チャリンコライフ! TEAM B.C.porter/重力技研 SJのブログ


by speedstar_sj
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

瀬女のレポート詳細だにょ

瀬女レポ詳細


怪我復帰後第2戦の瀬女。
本当は転倒のリスクが大きい瀬女は行く予定じゃなかったんだけど、大鰐がキャンセルになってしまったため参加。

過去2回瀬女を走ったことがあったがいづれも大雨。
個人的にはこのようなテクニカルなコースは好きだけど、怪我の復帰期間を考えたり、過去の雨の経験から消極的になってたんですよ。





金曜の早朝に現地入り。天気は幸いにも晴れで、これだけでもリスクが減ったとだいぶテンションがあがってきた。


早速試走開始。


まずは様子見でのんびりコース確認。(詳細は昨日の記事のヘッドカムをチェッキラ!)
主な変更点の、スタート直後の急斜面スイッチバックを走ってみるとこれが面白い!
ブレーキかけると滑るしでもスピード乗ると曲がれないしってもどかしさがイイッ。

スイッチを抜けるといつもの通りの高速区間に突入。ここはオイラの苦手区間。。だって怖いもん(笑)。

しばらくゲレンデセクションを走った後はフラットなシングルセクション。ここ雨だと辛いのよ。失速するし根っこ多いし。
でもドライな今回は超面白かった。根っこをプル&プッシュでスムースに抜けてくと快感♪


その後が名物ブナ林。ほぼドライだったこともあって、滑ることに対しての恐怖心はなし。
但し、全体的に荒れてて一つ一つのギャップの落差が大きい。
「エイヤッ」っと突っ込んでいけば以外といけるんだけど、前転しちゃったら・・・とかフロントが滑ったら・・・というネガティブなイメージしか沸かず最初の数本は苦労した。

ブナを抜けると緩斜面のジープロード。ここはホッとできるポイントなんですが、レースでは漕がなきゃいかんのよね。。

突き当たりのフラットコーナーを抜けると今度はキャンバーストレート。ここはほぼノーブレーキで爆走!はっきり言って怖い。。

そのまんま最終シングルに進入。


ここまでは完全ドライなくせに、このシングルの入り口と出口の2箇所に水溜りがあって、この区間だけでドロドロになっちゃう。
このシングルも斜度がきつく、結構ビビルのよね。ムービーのシャチホコクラッシュもこの区間です(笑)
まぁ慣れれば普通に走るのは問題なし。が、タイムを出そうとすると相当辛い。


試走は全体を通して走るように心がけたんだけど、ブナ中盤あたりから左腕と握力がなくなって辛くなってくる。
富士見J2の時はそれほど気にならなかったけど、やっぱり2ヶ月のプレート生活で筋力(持久力)が落ちてることを実感。。はぁ~。
握力が落ちてくると転倒のリスクも増えてくるわけで、精神的にもだんだん怖くなってくる。


その後、タイヤを変えて走ってみたりしたけど、結局いつもどおり前後ミニオンFに落ち着つく。

それにしても、瀬女前に重力技研でチューニングしてもらったリアショックがすごくいい働きをしてくれた。乗り心地はそのままに後半の踏ん張りを強くしてもらったんだけど、瀬女にベストマッチ!!高速区間のバンクやドロップオフでもしっかり粘ってくれて、失速することなく走ることができた。

実はオイラ、コース毎のセッティング変更はあまりしないんですよ。
本来は細かく調整した方が良いんだろうけど、いつも乗りなれてる状態をベースちょこっといじるのみ。
あまりフィーリングが変わるのが好きじゃないんでしょうな。
もちろんシーズン前には、色々試してセッティング出しをしてますよ。そこで決めたらそのシーズンはほぼ同じ状態。




話を戻して・・・だいぶお疲れモードでタイムドセッション開始。

この時点で結構恐怖心が出てきちゃって、高速セクションは案パイライド、ブナはトロトロライド、途中後ろから来た3WAさんに先を譲り、テールトゥーノーズ(?)のまま最後のシングルでシャチホコ!
幸い体は平気だったけど完全に意気消沈して、その場で後半ライダーの走りを観察してから再スタート。タイムは21分(笑)



決勝当日。体が痛い。。。

去年の全日本では試走中に前転して決勝DNSだったこともあり、予選に向け体力温存をいう目的もあり、朝の試走は軽く2本。



そして予選結果は・・・まぁそんなもんでしょの5分55秒。今の自分の状況だと6分がいいところかなと思ってたこともあり、まぁそれなりかな?

ブナでラインミスして2ストップ。最後のシングル進入でまたミスして失速。
それもこれも転倒に対しての恐怖心が大きかったせいだと思う。はっきり言ってぜんぜん攻められなかった。。。

体力的な面もあるけど、それ以上に精神的なトレーニングが必要に感じたレースだった。




ミスで合計5秒は損したなぁ・・・アレがなけりゃ残留も・・・


な~んて「たら」、「れば」はレースでは通用しない。怪我も自分のせいだし、今回の結果も実力。

たぶん来年はエキパだけど、もいっちょ初心に戻って、楽しく、速く乗れるようがんばりますか!!

ここ数日落ち込んでたけど、今はこう思えるようになってきた。



今週末は草津だ!!たのしむぞぉ~!!!!


追記:
今シーズンも色んな人にお世話になりました。
特にメカニックサポートいただいた重力技研の萩原さん。萩さんのチューニングのおかげで富士見では初決勝に進出できました!
そして、いつも一緒にレース回ったB.C.porterのnori&key。いつも付き合ってくれてあんがと。
そしてそして、富士見やレース会場でお世話になった皆様。皆さんのおかげで怪我もネタになり(?)、楽しくやらせてもらいました。


冬場も来シーズンもSJはチャリンコ三昧ですので、今後もよろしくお願いします。

SJ@重力技研/B.C.porter
[PR]
by speedstar_sj | 2007-10-16 21:23 | レースレポート