Let's Enjoy チャリンコライフ! TEAM B.C.porter/重力技研 SJのブログ


by speedstar_sj
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

仕様変更!!

さてさて、レースシーズンも始まり、テンションアゲアゲなSJですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

今月末から3週連続でレースイベントがありますね。

5/31がJ #2富士見、翌週6/7,8がカクタスカップ峰の原、翌々週6/14,15が草津MTBFESTA。
Jを除く二つの草レースはどちらもすごく楽しめる、大好きなイベントです。
毎回参加してるんですが、今回の3連ちゃんはちょっと辛いので、草津は見送りです・・・残念。

とりあえずは富士見でテッペン狙いですね。がんばります。

ちょっと業務連絡・・・
来週末(5/24,25)にTK軍団が来パノするので、パーリィやります。
昨日みんなにはメールしましたが、来る方はSJに連絡くださいまし。






さて本題。
先日SUNDAYに一部仕様変更を施しました。
本当は箱館から投入したかったんだけど、間に合わず・・・今週末シェイクダウンです。

その仕様変更ってのはこれ↓

f0140307_18364329.jpg



ブレーキでござんす。
SAINTからAVID CODE5に変更しました。

変更した理由。
1位:もっと制動力が欲しかった
2位:何か部品を変えたかった(SAINTも結構使ったしな・・・)
3位:見た目

制動力はSAINTでも必要十分。
でもオイラは、ハイスピード域での制動力不足を感じてました。

初期制動はいいんですが、その後レバーを握りこんでもあまり制動力が上がらない。ガツッっと効かせたいところで効きが弱い。
結果手が疲れてコース後半でブレーキコントロールがへたくそになる。。。
この辺がカバーできればいいなと思ってます。

実際にトップクラスのライダーでもSAINT(シマノ)の使用率高いです。
つーことは単にライダーの技量が足りないだけ・・・というのは十分認識してます。
が、機材で技量をカバーするって楽しみもありでしょ♪(っと言い聞かせる

本音は欲しかったからってところです(笑)
まぁSAINTも約3年使ったしぼちぼち変えてもバチは当たらないだろということで。

見た目もオイラ好み(特にキャリパー)なんす。
f0140307_18371733.jpg



CODEではなくCODE5にした理由。
1位:値段
2位:色
3位:信頼性

パッドコンタクトとかレバーのベアリングは非常に魅力的だったんですが、5との価格差を考えると・・・手が出ません。
色はやっぱり黒でしょってこと。信頼性については単に調整機構が多いと壊れやすいという思い込みだけ。
実際にAdj部が壊れるとは聞いたことがないので、ひがみですな(笑)



で、早速インストールしました。
まずはキャリパーの取り付け。
「Tri-Alig Caliper Positioning System」という、キャリパーの位置が3次元で調整できるシステムがついてます。
(Vブレーキのシュー調整と同じ・・・知らない人も多いんだろうな・・・)

通常のキャリパー固定方法だと、フレームの台座に対し垂直方向しか固定できないので、台座の精度によってはローターに対しキャリパーが斜めに取り付いてしまうことがしばしば。
そんな訳で台座のフェイスカットをするわけですね。(これをちゃんとしないとパッドが片減りしちゃいます)
ところが、AVIDの固定方法だとキャリパーの角度調整が可能なので、ローターに対しきちんと垂直に取り付けれます。
つまり、パッドとローターがぴたっときれいに当たるわけですな。う~んロジック的にはすばらしい。
実際に使ってどのくらいの効果があるかはまだわかりませんが、ナイスな機構であることは間違いないでしょう。


その後レバーの取り付け。
レバー固定部がオープンクランプなので、楽チンです。
シマノはクローズクランプだったので、いちいちグリップをはずさにゃいかんでした。
最近はグリップもボルト締めなので、以前に比べればグリップ脱着は楽になりましたがそれでも一手間でしたね。


次にホース長調整。
はじめからホースカット用のオリーブが付属してました。
ちょうどいい長さに合わせてスパッとカット。ワイアリングって見た目にも大事ですからね♪


最後にエア抜き。
AVID専用のブリーディングキットを使用します。
注射器に専用のホースをつけて、レバーとキャリパーにねじ固定。
これがすばらしい。漏れない、こぼれない、エアが抜ける。シマノの約半分の時間でエア抜きができます。
これならエア抜き初心者でもそれなりにできるです。自転車屋泣かせかも?


ということで、インストール完了です。
まだ家の前での試乗してないので、インプレは別途。
ちょっとした感想では、レバーのタッチはソフト。カチッっとしてるわけではないですが、握れば握っただけ効くって感じですね。

ちょっくらイメージ図を書いてみました。(あくまでオイラの感覚イメージですよ!)
f0140307_18374784.jpg



横軸がレバーストローク、まぁ握る力と思ってもらえばいいかな。
縦軸は制動力、どのくらいブレーキかかるかです。
青線がセイント、赤線がCODE。

レバー握り始めはSAINTのほうが効きますが、中盤からはCODEのほうが効きます。
で、更に握りこんでいったときに、SAINTは頭打ちになるのですが、CODEはリニア「ぐぐぐっ」っと効く。

まだまだ平坦アスファルトでしか試してないので、これ以上の事はなんとも言えませんが、体への負担はかなり低減されそうです。


今週末の富士見が楽しみ!
乗ってきたらインプレッションしますね。
[PR]
by speedstar_sj | 2008-05-16 18:39 | パーツ