Let's Enjoy チャリンコライフ! TEAM B.C.porter/重力技研 SJのブログ


by speedstar_sj
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

富士見レースレポート&動画up

Jシリーズ第2戦 富士見のレースレポ

今回もAコース下部~A'がレースコースとして設定されました。
先ずはコース紹介。

普段のAコースと大きな変更はなく、A'の大岩超えが設定された程度。ショートコースのためワンミスがタイムに影響する結構シビアなコース設定です。
で、ポイントは大きく3つ。





①前半のシングルセクション。
テーブルトップのあとのS字から狭いセクションに入るんですが、ここの攻め方でタイムが大きく変わります。
今シーズンからストレートエンドの登り返しが更に上まで上がるように変更され、ここで結構苦労した人も多いのでは?(オイラも本番ここでこけた・・・)

②A'入り口までのスイッチバックセクション。
実際にはゴンドラ下を挟んで2箇所のスイッチセクションがありますが、ここもタイムの差が出るところ。
ここ、とりあえずで走ってる人いませんか??

③A'入り口から大岩超えのセクション。
今回は大岩着地点に土嚢が盛られてて、多少難易度は下がってましたが、相変わらず前転者多かったです。
雨の影響や多くのライダーが走ったせいで、レース当日は土嚢もつぶれてたからかな?
ここでも実はオイラこけました。。。(笑)

つーことで、普段富士見を走ってる人なら知ってるコースですが、今回は雨の影響もあって今まで経験した無いくらいコースが荒れました。




ここからはレースレポート。

金曜日(試走日)雨の予報が一転曇りに。
ちょっと拍子抜けするも、前日の雨の残りで路面はマッディ。しかも乾き始めの泥って事もあり重たいしヌルヌル。。

土曜の雨を想定しマッドタイヤを装着し、ポイントをチェック。
前半のシングル上り返し直前の根っこは取り除かれているものの、走るにつれ路面が掘れてきて難易度がアップ。
A'の進入口も段差が大きくなって、ここも難易度UPです。
みんながマッドタイヤで走ってるせいもあって、色んなところが掘れてたり、穴が開いてたりと油断できない状況でした。

結局金曜は雨が降らず、コースも乾き始めてたのですが、どうせ土曜は雨でコンディションは変わるだろうと思い早めに切り上げ・・・

ラジコンで遊んでました(笑)



土曜日(本番)。

朝から雨、雨、雨。
まぁ予想通りだったんですが、寒いのが辛かった。
途中ちょっとやんだりするも、エキスパート決勝前からまた本降り。結局終日雨でした。

富士見の場合、スタート地点までコースをくだらなきゃいけないのですが、そこまで行くのにもうドロドロ。
本番はジップロックにゴーグルを入れて、ニュルニュルしないようサドルにビニール袋をかぶせてスタート地点まで移動。
この時点でライダー全員真っ黒け(笑)


で、スタート。

雨がずっと降ってたので、意外と走りは軽く、それほどすべる感じも無し。
いい感じでテーブルトップを飛んでシングルに突入。
1発目の根っこを超えたところの溝が以上に掘れてて軽くバランスを崩す。
何とか持ちこたえて2発目の根っこをこえるも、その先の溝に斜めに突っ込んでしまいスリップダウン。。
ここの溝は要注意と思っていたのにやってしまった。。

その先は登り返しのため、ダッシュでバイクを押し上げてリスタート。

ところが、転んだときに地面に手を着いてしまったため、左手のグリップがヌルヌルしてうまくバイクコントロールができないことに気づく。
ガツンと入力が入ったときに手が外れそうになるため、できるだけ綺麗なラインで凌ぐもスピードを乗せられず。

そしてA'に進入。進入の段差で手が離れそうになるも必死にこらえる。
ギャラリーから「SJ~」の声援をもらい、こうなりゃ大岩でいい走り見せちゃる!と大岩に進入するも、フロントリフトした時に左手の力がバイクに伝わらず斜めに飛んでしまい着地でコケる。。。(恥

前転ではなかったので身体的ダメージは無いものの、精神的ダメージがでかく意気消沈。
その後はとにかく転ばないようにしながら、3分36秒、暫定12位でゴール。
もうそのまま洗車場に向かってしまいました。。。

と、蓋を開けてみりゃ、箱館山、富士見ともに本番でこけるというなんともしょーもない結果でした。はぁ~。

以上がレースレポ。。



ここからは自分反省会。。。

その後1人反省会をやったんですが、どうも気持ちと体の動きがあってないのがこける原因かなと思ってみたり・・・
気分的にはイケイケなんですが、とっさの時にビビッて体が固まってしまうことがしばしば。
意外と去年の怪我の影響を引きずってたり・・・?

箱館山も今回の富士見もがんばればコケずに堪えることができるレベルだったはず。
それを堪えきれず、ビビッて安全なこけ方をしちゃってるんだろうな。。
気分的には強気発言したり、ノリノリになってみたりとモチベーションを上げてるんですが、瞬間的にビビってるのもわかってかなりジレンマでスランプ状態。

どうしたら克服できるんだろ?とっさの時の体のこわばりをなくす方法。誰か知ってたら教えてください。。。




な~んて弱気な事言ってますが、やっぱりレースは楽しいしやめられまへん。
全日本 秋田は行くか迷ってますが、とりあえずは今週末のカクタスカップで楽しんできますよ。




さてさて、自分のレースは以上で他クラスの模様をレポート。

まずスポーツクラス。今年から登録した栃木ローカルの大型新人2人。
キクりんと5K君。お互い切磋琢磨です。今回はキクりんに軍配が上がったようですが、二人ともセンス・やる気とも満々なのでこれからが期待!

で、エキパクラス。
今回もぶっちぎりで優勝のYUKI。そして2位は金曜に手首を負傷したMIYA-G。とKHS軍団の若手が1-2。
YUKIは年齢制限でエリート昇格できないのが残念。つーかこの勢いだと今シーズン全部優勝なんて?
いや、俺が阻止する(笑)

そしてエリート女子。
こんな雨コンディションが大好きな変態TOMOは6位。
ちょこちょこミスしちゃったようですが、最近もだいぶレベルアップしてきてるので今後期待です。

エリート男子。
今年昇格した、HなH原氏が箱館山に続き決勝進出。いやぁやっぱ実力がある人は違いますな。
そして優勝はSUNDAYにのるJUNYA。おめでとう!

今回エリート優勝当てクイズなんてイベントがあったのですが、オイラ見事的中!おかげで大好きな富士見トマトジュース1ケースGETしました♪
前日JUNYAと話をしてて、「調子いいっす」って言葉を聞いて、よし応援兼ねてJUNYAに投票だ!って思った次第で。
ムービーにも映ってますが、A'の大岩越えが尋常な速さじゃない。完全に一歩抜きに出てましたね。
この調子で他の大会でもガッツリ行って欲しいです!



ということで、ムービー作成しました。
今回はエリートクラスの決勝撮影ポイントを、問題の前半シングルで撮影。自分のレース終了後上まで登るのは疲れたYO。
かなり迫力があったので、エリート全員の映像を使っちゃいました(一部無許可でごめんなさい)。
おかげで15分の大作になっております。一応決勝のリザルト順に並んでます。
どんだけコースが荒れてたか?ってのと、どんだけトップエリートがすごいのかってのを堪能してください。

[PR]
by speedstar_sj | 2008-06-03 15:53 | レースレポート