Let's Enjoy チャリンコライフ! TEAM B.C.porter/重力技研 SJのブログ


by speedstar_sj
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カクタスカップ2008 day2レポート

ということでカクタスカップレポ第2弾。

日曜はBコースでのレースでした。
当初午後から雨の予報でしたが、幸い曇りにとどまりドライの中でのレースとなりました。



ではBコースの紹介。

Bコースはテクニカルコースとも呼ばれており、シングルトラックがメインのコース。
こちらも難易度自体はそれほど高くないものの、微妙な石や根っこがあり上手く走るのは難しい。


シングルセクションは一見ライン決まってそうなんですが、実は走り方によって大きくタイムが変わってくるですよ。

この辺もコース設計者の意図なんでしょうが、コーステープが比較的幅広く設定されており、実はいろんなラインがあります。
流れで走ったほうがいいところもあるけど、意図的にみんなが走るラインをはずしたほうがいいところもあり、試走中は結構悩みました。


特にコース後半のスイッチバックは油断すると杭の餌食になるポイント。

路面のタイヤ跡に乗っていくと確実に杭の餌食になると読んで、進入のアプローチを変更。
走った人じゃないとわからないと思うので細かい説明は割愛しますが、ポイントはフロントタイヤの軌跡。うまく左右にバイクを振ってあげることで、みんなが走っているラインからタイヤ2本分くらいインに進入できて、その後もスムースに立ち上がれるという作戦。



で、予選。

土曜日のコケ失敗を学習して、危険なポイントは抑え気味に通過。
そこそこ無難に走って、2位で予選通過。


んでもって決勝。

ちょっとしたミスはあったものの、全体的によくまとめれてゴール。
「トップタイム更新~!」とのアナウンスでガッツポーズ。

が、その数十秒後、KO-JI選手(予選1位)がゴール。


やられました。コンマ6秒差でトップを取られ結局おいらは2位。

KO-JI選手はJのエリート決勝常連の実力者ですから、悔しいものの心地よい敗北でした。(コケて負けるほど悔しいものはなし!!)

日曜はきっかりと自分の走りができてほぼ満点の走りでした。これ以上はもっと実力をつけないとだめですね。


ということで、日曜の男子リザルト
優勝はKO-JI選手、2位オイラ、3位Y-JIRO選手となりました。KO-JI選手はただ1人の1分台!さすがですね。

で、気になる4位は、またもや「きのこ大好き」H選手。またまた賞品できのこセット追加GETしてました(爆)

AコースとBコースの総合タイムで争われる総合順位では、オイラは4位。やっぱAコースのコケが響きました。表彰対象は3位なので表彰台にあがれず・・・

ちなみに総合順位は、1位KO-JI選手、2位Y-JIRO選手、3位H選手でした。おめでとう!



そして女子の方は、B-コース予選、決勝ともにTOMOが2位と1秒差でトップ!!
総合でも1位と大健闘!


先日の記事にも書いたのですが、今更ながら今回シフトチェンジを覚えた様子。
いつも漕いだときにギアが合わず、重過ぎる、軽すぎるとバイクを進めるのがへたくそだったんですが、今回だいぶその辺を学んだよう。

あとは漕ぎのテクニックが身につけば、Jでも結構いいところいけるのでは??な~んて甘い期待をしちゃったり(笑)

まぁ草レースですから、みんなJとは気合の入り方が違うと思いますが、本人は大満足のようでした。


みんなの走りはコチラ





というわけで、雨にも降られず、風にも吹かれず楽しいカクタスカップでした。
来年も是非参加したいです!


最後に、カクタスカップの運営に携わっていただいた峰の原の方々、ほんとうにありがとうございました。コースの設置から撤収、搬送、オフィシャル、無料豚汁と多くの方の基で成り立ってるんだなぁと実感しました。
あのアットホームな雰囲気もそういった方々のおかげでしょう。
草DHレースが減ってる昨今、こういった大会を長く続けていただきたいものです。


さぁ、これを読んで気になったアナタ。
来年は是非参加してみましょう!はまることうけ合いですよ!
[PR]
by speedstar_sj | 2008-06-10 15:31 | レースレポート