Let's Enjoy チャリンコライフ! TEAM B.C.porter/重力技研 SJのブログ


by speedstar_sj
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ポゴってみませんか??

再来週は全日本in田沢湖。
できることなら晴れて欲しいですね。


実はオイラ全日本をまともに走ったことが無いんですわ。
一昨年の全日本@瀬女では、レース当日の大雨試走中にコケて肩をやってしまいDNS。
去年@田沢湖は、富士見練習中の鎖骨クラッシュでカメラマン参戦。

つーことで、今年こそは完走目指して走ります(笑)



去年の秋田はカメラマン参戦だったので、ライダー以上にコースに詳しくなったんですよ。
なんせ、練習と本番あわせて6本くらいは徒歩でコースウォークしてたので(笑)

今年のコースはどうなるかわかりませんが、少なくとも去年のコースはあまり面白そうとは思えなかったですね。。走ると印象が違うかな??
攻略法はとにかく漕ぎをがんばる。これに尽きるのではないでしょうか?



で、田沢湖で話題になるのがゴール直前の水切り越え。
それなりのライダーであればなんてこと無いんですけど、スポーツ、エキパや女子は結構躊躇してた人も多いようです。

できる人からすれば「軽くポゴ(バイクを軽く浮かすこと)すりゃいいんだよ」って思いますが、見た目にも突っ込みたくない穴なので、

そんなこと言われても・・・って思っている人は多いと思います。





tomoもそんな1人。結局去年はエスケープでした。
おそらくtomoのスキルなら行けるはずなんですよ。ただ自信の無さと見た目の恐怖心でいけなかった様子。
今年こそはリベンジってことで、先週の富士見から秘密特訓がスタートしたのです。



今日はその秘密特訓の内容をご紹介♪

まず、田沢湖の水切りを越えるコツは、適度なスピードとポゴのタイミング。
ビビッてスピード控えめにしちゃうと飛びきれないし、速い速度で進入するとポゴのタイミングが合わなくなっちゃうんだと思います。

そもそも、走りながらのポゴがあまりできていないってのもあって、富士見では障害物を飛んで越えるという練習を開始しました。


【練習①:バイクを押し付ける練習】
これが一番の基本。
ポゴだけではないですが、バイクを地面に押付ける行為って意外とできてない人が多いと思います。
押付けるをわかりやすい行為に例えると、駐車場でサスペンションを思いっきり縮めることってやったこと無いですか?
まさにそれ。

よくフルサスバイクに乗って、ストローク感とかサスの動きを見るとき、駐車場でひょこひょこしますよね。
この行為も、上手い人は瞬間的にガツッっと荷重をかけれる(サスペンションを縮めれる)んですが、できない人は体ばかり動いてサスペンションはなかなか沈まないのです。
サスをできるだけ縮めれる方が荷重をかけれてるって事ですね。

当然縮んだサスは伸びるので、その瞬間に体の荷重を抜いてあげればバイクは持ち上がるというわけ。これがポゴ。
余談ですが、サスペンションが無いバイクの方がポゴは難しいです。フルサス、しかもDHバイクはタイミングも取りやすいし比較的容易にできます。



では、どうしたらガッツリバイクを押付けられるのか?

答えは簡単。ひざとひじを突っ張れば荷重をかけられます。
バイクを押付けようと思うがあまり、体を動かして(=肘とひざを動かして)押付けようとする人がいますが、それは逆に体で力を吸収しちゃってるんです。

また例え話ですが、トランポリンってやったことあります?
飛ぶときって足を突っ張って布(?)を思いっきり沈ませますよね?(体重をかける)
逆に飛ぶのをやめたいときは、着地したときに膝を曲げて沈ませないようにする。
これと一緒。

駐車場でできるだけサスペンションを縮めれるよう練習しましょう。

注意点として、前だけ、後ろだけ縮めるのではなく、両方を一緒に同じくらい縮めるよう意識しましょう。
前後を一緒に縮めるには体の位置がバイクの真ん中にないとだめですよ。



【練習②:連続してサスペンションを伸び縮みさせる】
さて、練習①ができてきたら次は連続して縮ませる練習です。
イメージは、「ぼよ~ん、ぼよ~ん、ぼよ~ん・・・」ってボールが跳ねる感じ。
ここではバイクを浮かせる必要は無いです。

最初に押付けて、サスが伸びてくる反動にあわせ体を上に伸ばす。
伸びた体が落ちてくるときに、膝と肘を突っ張ってまたバイクを押し込む。(肘と膝を曲げちゃだめですよ)
これができるようになればしめたもの。


【練習③:ちょっとした段差を降りてみる】
歩道とか小さい段差(10~20センチくらい)でOKです。
ちょっと速めのスピードで進入して、段差を降りる直前にバイクをプッシュ⇒上に伸び上がるという動作をやってみましょう。
何もしないで段差を降りると、普通はフロントタイヤから着地しますが、うまくプッシュ⇒伸びができれば両輪が同時に着地できるはずです。

ここでの注意は、後ろ荷重にならないことと無理にバイクを引き上げようとしないこと。
両輪着地と言っても、マニュアルのように後ろに荷重をかけて下りるのではなく、真上に伸びてバイクの荷重を抜いて上げることが大切です。
また、バイクを引き上げるのではなく、あくまでもバイクの反力を使うことを意識しましょう。

着地時にタイヤと地面の音が、「ダンッダンッ」って2回するのではなく、「ドスッ」って1回になってればOK!
上手くできるようになると、ちょっと浮遊感を感じれるようになるはずです。



【練習④:飛んでみる】
さてここまできたらあとは実践練習あるのみ。

コースを走りながらちょっとした根っことか段差、岩などを同じ要領で乗り越えてみましょう。
初めは飛びこすのは難しいと思います。いいんですタイヤが当たっても。荷重を上に抜いて越えることを意識するのが大切。
これを常に意識して、ちょっとした段差、根っこ、路面のうねりでとにかくピョコタンピョコタンやってみましょう。
これだけでも普通に凹凸を通過するよりは失速しないし、バイクの挙動が安定するはずです。がんばって習得してみましょう。


ちなみにそれなりにスピードが出て方がやりやすいと思います。ので、直線で安全なところで練習しましょう。
それとあまり大きなギャップ(テーブルトップ)でこれをやると予想以上に飛ぶことがあるので注意。

慣れてくればわざと根っこにフロントタイヤを当ててきっかけにして上に飛び上がることも可能になりますよ♪



【副産物】
さてこれであなたもポゴマスター!田沢湖の水切りも怖くない!!

・・・とは言いきれませんが、できるきっかけに慣れれば幸いです。

で、この動きの副産物として、できるようになるとプッシュでバイクを加速させることが上手になってるはずです。
最近のバイクはサスペンションを動きでバイクを前に押し出すタイプが多いので、できるだけサスペンションを動かしてあげると自然と加速します。(特にVPPとかDWなどのリンクタイプのバイク)
Cコースでノンペダリングライド時に試してみてくださいな。

それともう一つ、バイクを押付ける=タイヤを地面に押付けるということなので、瞬間的にタイヤのグリップも増幅します(コチラの記事参照)。
その瞬間にコーナリングしてあげれば安定した速いターンが可能になります。フラットなところの切り返しなどで有効!


と、荷重のコントロールができると色んな面でメリットが多いんです。バニーホップとかマニュアルとかよりはぜんぜん難易度が低いので是非がんばってみてください。



色々書きましたが、文章で説明するのはやっぱ難しい。。。
イメージが伝わりにくいところも多いと思います。。
直接質問もOKですので、見かけたら声かけてくださいな。

tomoは今週末もこの練習です。今週末である程度できるようになればいいけど・・・




あっ、ちなみに今年の田沢湖に水切りがあるかは知りません。実は無くなってたりして(笑)
[PR]
by speedstar_sj | 2008-07-10 19:00 | 屁理屈王子