Let's Enjoy チャリンコライフ! TEAM B.C.porter/重力技研 SJのブログ


by speedstar_sj
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

瀬女レポ!

瀬女のレースレポートっす。

1年ぶりの瀬女。
去年は骨折修理のプレートを抜いた直後で筋力も感覚もダメダメ状態でした。

コース前半区間はともかく、ブナ林やゴール手前のシングルなど攻略のしがいがある個人的に好きなコース。
木曜夕方に出発し、夜中に現地到着。
今回はITOさんのおかげで宿だったので快適に過ごせましたよ。(Thanks Itoさん 500円は後日返します(汗))




金曜朝から試走開始。木曜までエキパのコースが未決だったのですが、やっぱりブナは無し。。かなり残念でした。

瀬女のエキパコースを簡単に説明すると、前半は”超”ハイスピードセクション、中盤にフラット気味のシングル、後半は急斜面オフキャンバーと大きく3種類の構成です。


ハイスピードセクションは、たぶん70km/h近く出てるんじゃないかな?ハイスピードなままでフラットターンがあったり、一気に減速したりと結構(かなり)シビレます!
コーナー進入時に減速したつもりでも意外とスピードが出てて、コーナー途中で膨らむこともしばしば。ラインをはずすと砂利だらけなので一気にコースアウトしちゃいます。

中盤のシングルは比較的フラットで、根っこのオンパレード。路面のうねりをうまく使ってプッシュ加速!漕げるポイントが少ないのでできるだけリズムよく失速しないように走るのがポイント。
エキパコースではちゃんとしたテクニカルセクションはここだけなので、めちゃ楽しく感じました(笑)

後半の急斜面オフキャンバーセクションは、みんなが走るたびに路面がヌルヌルに。
インから斜めに落ちながら走るか、進入をアウトから振ってがんばってこらえるか、結構みんな悩んでました。
練習時にコースアウト者が続出したせいか、決勝当日はコース幅が広がりました(笑)。路面もだいぶ乾いてたのでだいぶ楽になりましたね。

コースはこんな感じ。詳しくはこちらのヘッドカムをどうぞ!



で、レースレポ。
金曜日は朝から試走。最近試走時間によく走るオイラ。今回は8本でした。
このときのタイヤは前後ミニオンF。オイラは基本的にいつでもこのタイヤなんで特性はよくわかってます。
コーナリング時の安定感も高いし、滑り出しもわかりやすい。転がりも軽いんでスピードも乗るんですけど、ちょっと気になったのが高速域からのブレーキング。
かなりのハイスピードから一気にハードブレーキングをするので縦のグリップがもう少し欲しいかなぁなんて思いました。

で、悩んだ挙句、久々にリアタイヤにハイローラーをチョイス。(フロントはミニオンF)
ハイローラーはちょっとピーキーな特性なのと、減りが早いのでオイラは敬遠してたんですが、転がりの軽さと、縦のブレーキングがいいだろうってことで現地でハギさんからGET。その日は既に試走終了だったので本番当日の朝に試すことになりました。


土曜、本番当日。
朝試走もできるだけ走ろうと、ちょっと早めにリフト待ち。
早速1本目。とりあえずコースチェックとタイヤチェックと体のアップ。
タイヤは確かに転がりが軽いけどちょっと高速コーナーで安定感にかけるかな?滑り出しのポイントがわからんのでどこまでいけるのかわからん。

試走2本目。ハイスピード区間を過ぎたあたりからバイクが重くなる。
ありゃ!リアパンクだわ・・・
前日の練習(ミニオン)では1回もパンクしなかったのに、本番当日にパンクかよ・・・
やっぱりオイラハイローラーとの相性が悪いようです。どうもハイローラーによい印象がないのよねぇ。
あっ、決してタイヤが悪いわけじゃないですよ。オイラの好みの問題です。

その後スペアホイルについてたボロオン(ミニオン)Rでとりあえず3本目。
つーかミニオンRめっちゃ調子いい!けど、これじゃボロ過ぎだし他にタイヤもないので結局使い慣れたミニオンFをチョイス。
結果的には本番時間には路面コンディションもよくなってて大正解でしたけどね(笑)


試走終了から3時間・・・やっとこさスタート時間がやってきたさ。
ランキング順のスタートで、オイラは8番目出走。

今回のポイントは気負わないこと!ハイスピードはがんばってノーブレーキ。コーナー進入時はきっちり減速して立ち上がりをスムースに走る!決して攻めすぎない!ってことを念頭にスタート。

スタート直後のスイッチセクションを無難にクリアーし、高速セクション突入。できるだけブレーキはガマンガマン。
一番スピードが乗って、しかもラインが狭いセクションも気合い一発ノーブレーキ!
高速時はできるだけクラウチングして空気抵抗削減!

でもコーナー進入は一気にきちんと減速し落ち着いて走る走る。

中盤のシングルもライン重視でとにかく失速しないようにプル&プッシュ!

そして後半の難所キャンバーセクション。
ギャラリーからの応援が聞こえる。
よ~し一発かっちょいいところ見せたるか!と思った矢先、フロントタイヤがあらぬ方向へ・・・
「おぁ~」っと叫びながら、草の上でグリップしそうなところを探してなんとかリカバリー!
コースアウト寸前でしたが、何とか持ちこたえてくれましたよ。ふぅ~。

で、最後のフラット漕ぎセクション。
ここはすんげーしんどい!ほぼフラットな上に結構長くて足に乳酸が溜まる溜まる。
気力で漕いでゴール。

アナウンスを聞いてると、この時点で暫定トップタイム!4分57秒でした。

久々にテンションあがりましたね。自分がゴールした時点でトップタイムなんて久々でしたから。
この時点であわよくば優勝!?ってのが脳裏をよぎりましたが・・・


そうは問屋が卸さない。
とんでも八分歩いて十分。
そんなに世の中甘くない・・・



実力派ライダーの2人にタイムを更新され結局3位でしたわ。
f0140307_2333790.jpg



にしても、今回は出来過ぎでしたね。自分が一番びっくり!
正直レースモチベーションもそれほど高くなかったし、ハイスピードで攻め切れてる感じがしなかったし、何よりも苦手意識が強かったし。
そんな中の今回のリザルトは大健闘だったとおもいます。自画自賛ですが。


そして、これだけのコースで安定して走れたのはバイクのおかげが大きいと感じました。
なんせ荒れたところでのバイクの安定感が高かった!
ハイスピードコーナーでも安定してくれたんで攻めれたんだと思います。

実は、レース前週にハギさんにRショックのチューニングをしてもらいました。
その前の仕様も悪くなかったんですが、もう少し煮詰めたいところがあってハギさんに相談。
富士見で試したときに調子よくてびっくりしたんですが、そのおかげってのが大きかったなぁ。

オイラのつたない要求通りにセットアップしてくるハギさんすごい!ありがとう!


つーことで、今回の瀬女はオイラ的には満点に近い出来でした。
なんだかんだで今シーズンも終了ですな。今年は怪我も無かったしまぁ楽しかったですわ。
来シーズンはエリート返り咲きできそうですが、まぁ今年同様映像でも撮りながら楽しくやりましょうかね。
気合い入れすぎると去年みたいに怪我しちゃいそうだし。


おっと、今週末は草津だった!
振り返りはまだ早いなっ!今週末は(も)がっつり楽しみますよ~!

そうそう、今回もちゃんと映像は押さえてきたのでご安心(?)ください。
後ほどムービーもアップしますねん。
[PR]
by speedstar_sj | 2008-10-21 00:12 | レースレポート